★ポコのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「【オーストラリアGP】いよいよ開幕」について

<<   作成日時 : 2008/03/16 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【オーストラリアGP】いよいよ開幕」について
   こんにちは。春になってF1も開幕しました。中嶋悟氏やネルソン・ピケの息子さんが参戦し始めて時の流れを感じます。
トラクション・コントロールとかドライバーのための装備は禁止しないでもらいたいです。アイルトン・セナが事故死した年は、アクティブ・サスペンションなどのハイテク装備がレギュレーションの変更で禁止されました。理由は「クラッシュが起きないと観客や視聴者が退屈する」という理由だったようです。セナがクラッシュしたコーナーにはタイヤバリアもなかった。「今年は事故が多くなるだろう」と彼が予言していたとおりでした。
 かつてピットイン中の給油時に火災が起きて危険なので、レース中の給油は禁止されていたのに、いつのまにかOKになりましたね。何よりレーサー、クルー、観客の安全が重視されるべきです。F1のレギュレーションって何なんでしょうね。市販車の新技術開発のためにも、ハイテク装備をしてほしいです。完成度は高くなかったものの、アクティブサスやトラクションコントロールを装備した国産車は過去にあったようです。ゲームセンターの運転ゲーム機でさえ、トラクション・コントロールが付いているものがありました。確かにドライバー支援になっていました。

 アイルトン・セナは僕にとってはレーサーでは一番のヒーローです。”音速の貴公子”というオーラが感じられたし、言葉で表せない魅力がありました。雨天や市街地サーキットとかで強くてポールポジションの回数といい天才でした。レース中の事故死で彼としては本望だったのかもしれませんが、僕は判官びいきしてしまいます。
F1にはTスクエアの”Truth”とか、Robin Zanderの”In this country”、矢沢永吉の”Something real”という曲が似合います。F1の栄光、ロマン、死の匂いが感じられます。






 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「【オーストラリアGP】いよいよ開幕」について ★ポコのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる